わいのっと!?

海外留学・ワーホリ・サーフィン話と、オープンマインドが繰り広げるちょっと楽しい毎日を綴ります。

ゴールドコースト生活に欠かせない交通手段「トラム」

ゴールドコーストでの通学やちょっとしたお出かけに便利な「トラム」

海沿いを南北にわたって走っている路面電車です。

f:id:hiloc:20170824123125j:plain


車がない人や学生には欠かせない交通手段でしょう。

とっても便利ですが、渡航したての人には仕組みやエリアなどがいまいちピンとこないと思うので、トラム情報をまとめておきます。

どこを走ってるのか

トラムは一本の路線のみ。

ゴールドコーストの主要エリアを往復しています。

地図でいうとこんな感じ。


ゴールドコースト大学病院駅に始まり、グリフィス大学駅や語学学校の多いサウスポート駅、繁華街のカビルアベニュー駅、最も大きなショッピングモールのあるブロードビーチサウス駅まで続きます。

その数は16駅、距離にして13kmです。

時間も8分間隔、早朝や夜でも15分間隔で動いているのでとっても便利。

また週末は24時間動いているので、夜遊び派のみなさん安心してください。帰れますよ。

いくらかかるの?

気になる料金は。

トラムの料金表をまとめるとこんな感じ。

ゾーン go card go card(off-peak) 切符
1つ分 $3.20 $2.56 $4.60
2つ分 $3.90 $3.12 $5.70


普通に切符を買うと5ドルくらいかかります。

地味にイタい出費。

学生には堪えます。


しかし料金表によるとゴーカードは少しお得になっていますね。

切符を買うより1.5ドルくらい安いです。

これはみなさん、買っておきましょう。

1.5ドルあれば、コンビニとかで特大フローズンが飲めます。

Go cardってなんなの?

要はスイカみたいなチャージ式のICカードです。

f:id:hiloc:20170327224416j:plain


乗車前と後に、駅の機械にピッとするだけ。

楽な上に料金30%オフ、さらにはデポジットも返却される。
買わない理由がないですね。


ゾーンとは

さて、料金表に書いてあるゾーンについて。

ゴールドコーストのトラムの駅はゴールドコースト大学病院駅からブロードビーチサウスまで16駅。

その中でメインビーチ駅とサイプレスアベニュー駅を境にゾーンが分かれています。

ゾーン名 駅名
13 ゴールドコーストユニバーシティホスピタル
13 グリフィスユニバーシティ
13 クイーンズストリート
13 ネラングストリート
13 サウスポート
13 サウスポートサウス
13 ブロードウォーターパークランヅ
13 メインビーチ
14 サイプレスアベニュー
14 カビルアベニュー
14 サーファーズパラダイス
14 ノースクリフ
14 フロリダガーデン
14 サウスポートノース
14 サウスポートサウス


同じゾーン内での移動ならゾーン1つ分の乗車賃。

違うゾーンにも入ってしまうなら、ゾーン2つ分です。

例えばサイプレスアベニューからメインビーチに行く場合、1駅でもゾーン2つなので$3.9。

サイプレスアベニューからブロードビーチサウスに行くなら6駅でも同じゾーンなので$3.2。

日本と違って、移動した駅の数で決まるんじゃないんです。

不思議ですね。


また、何で駅のゾーンが13と14なのか。

このゾーン制度、トラムやバスも共通のシステムなんです。

運営会社のTrans linkによって、北はヌーサから南はクーランガッタまで200km以上のエリアをそれぞれゾーン分けしています。

その中で、ゴールドコーストのトラムのエリアは13と14に振り分けられています。


オフピークとは

ゴーカードを使うだけでも割引になっていますが、乗車時間によってさらに割引があります。

それがオフピーク。

ゴーカードの料金から、さらに20%割引がされます。

対象時間

平日 8:30〜15:30・19:00〜6:00
土日祝日      全日

かなりの時間がオフピークです。

が、やはり通勤通学時間は避けられてますね。

早朝サーフィンや、飲みに行く時間がカバーされているのはありがたい。



ゴールドコーストに滞在するなら必ずお世話になります

以上がトラムの走っている場所や料金についてでした。

長期滞在する人は必ずと言っていいほどお世話になる便利な移動手段です。

さらに台風の時やアメフトの試合があるときはバスも含めて全線無料になることもあるので、ホームページや学校のお知らせを聞いておくとたまにハッピーです。


もし短期滞在でトラムやバスを1日で何度も乗り降りする予定がある方は、乗り降り自由な1デイパスの「go explore card」というのがあるので、こちらも参考にしてください。


dailylife-in-goldencoast.hatenablog.jp