わいのっと!?

海外留学・ワーホリ・サーフィン話と、オープンマインドが繰り広げるちょっと楽しい毎日を綴ります。

オープンマインドにした結果、食堂で音楽批評家と知り合う。

以前、バイロンベイカフェのオーナーさんの「新しい人とコミュニケーションをとると、思いがけない何かが待ってるかも」という理念を紹介しました。


www.wh-y-not.com


この時になるべくオープンマインドでいようと思ったのですが、、、。

今回は、それが日本人との間で起こったのです。

きっかけはお茶いるかな〜と思ったこと。

先日、所用で母校へ行った時。

懐かしい食堂で、コスパ抜群の昼ご飯を食べてました。

カレーが350円、ラーメン270円!?

味も値段の割に悪くない!!

ワイワイしている学生たちの中で、学食のコスパの良さに至福の30歳。


そんなカレーを噛み締めている僕の斜め前に、とあるおじさんが座りました。



たくさん席がある中、あえて僕の斜め前に座るおじさん。

確かに周囲を見渡すと、みんな友達連れです。

男一人が座る場所なんて、同じく男一人で座っている長机しかありません。


見れば40〜50代の男性。

カレーに味噌汁のセットです。


僕はあることに気がつきました。


「むむ?お茶がなくない?


カレー飲んで味噌汁飲んだら、絶対口の中濃ゆいはず!

お茶いるかな〜?


ちょうど僕もお茶を取りに行こうとしていたところなので、おじさんに聞いてみました。

僕「お茶入りますか?」



男性「(無言で片手を振り、要らないのジェスチャー)」


要らないの!?!?

驚きです。

カレーの後、味噌汁飲んだら絶対口の中は濃ゆいだろう!


お茶のおかげで、特別講義に誘われる

その後、自分の分の茶を取り席に戻ります。

すると先ほど無言で手を振ったおじさんが一言。

おじさん「ご丁寧にありがとうございます。」


わざわざお礼言うなんて、丁寧な人だなぁ。

先生かなぁ。

自然と会話が終わりそうだったのですが、何とはなしに聞いてみました。


僕「先生ですか?」

おじさん「いえ、来週講演を頼まれているので下見に来たんですよ」


何だか面白そうな人と出会った予感!

話を聞いてみると、彼は音楽批評をしている方らしい。

定期的にイベントも開いていて、その伝手で大学側から講演を頼まれたのだという。


僕が興味ありげに聞いていると

おじさん「良かったら聴きに来てください」 



行くぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!


ふとしたコミュヌケーションが新しい何かへと導く

今回は「お茶いるでしょ!そのご飯の組み合わせ!」と思い、相手に聞いてみたことがきっかけになりました。

お陰で今までの人生で知り得なかった音楽批評家の方と知り合い、彼の講義でノンイディオム・インプロヴィゼーションという音楽のアプローチに出会うことにつながっていくのです。

このアプローチに関してはまた授業に参加した記事で書きますね。


おじさんと話してて印象的だったことが「今時、たまたま前の席にいる人にお茶を聞ける人なんて、そうそういないですよ。みんな同じ空間でもスマホを通して遠くの人と直線的に繋がっている。」と言っていたこと。


なるほど。
確かにカフェでもなんでも、みんながみんなスマホをいじったりしている。

そういえばゴールドコーストで出会いに恵まれたカフェでは、スマホをいじっている人が少なかったなぁ。


もしかしたら、周囲に人がいる場ではスマホを置き、遠くの友人とのコミュニケーションを断ってみるのもいいかもしれませんよ。

その場にいる人達や雰囲気、音を楽しんでみてください。

今までになかった「何か」に出会えるかも。