わいのっと!?

海外留学・ワーホリ・サーフィン話と、オープンマインドが繰り広げるちょっと楽しい毎日を綴ります。

みんな大好きバイロンベイ。いったいどんなところなの?

皆さんは「バイロン・ベイ」という地名を聞いたことがありますか?

まずはこの写真をご覧ください。

f:id:hiloc:20170719180302j:plain

綺麗な波ですね。

この海は、サーファーズパラダイスより南に約90km、車で1時間の場所に位置するバイロンベイです。

美しい波と砂浜、ゆったり落ち着いた雰囲気、ウェディングの聖地でもあるこのバイロンベイはオージー達にとっても憧れのリゾート地です。

ゴールドコーストの様なビーチフロントに住んでいても、バイロンベイに行きたくなるという魅力の街は一体どんなところでしょう。

ページ一番下に地図も添付しておきますね。

ヒッピーカルチャーが根付く穏やかな街

バイロンベイの街はヒッピー文化と現代文化が程よく組み合わさった独特の街。

街に住む人はバイロンベイを誇り、オーガニックや天然素材の地産地消を大切に考えています。
なので基本的にはチェーン店やファストフード等の出店が禁止。

大手スーパーやサブウェイなど多少のチェーンショップはありますが、街中には品質にこだわった個人ショップが軒を連ねます。


街中は至る所にアートが施され、歩いているだけでも楽しくなるほど。

そのため、バイロンベイは今や一大インスタスポットになっています。

特にみんなが取るのはここ。


インスタでバイロンベイって検索してみてください。
たくさん出てくるはず。


さてそんなオシャレな街を歩いていると、街中のいろんなところで音楽を楽しんでいる人たちがいます。

ギターを弾いているティーンエイジャー。
アラサトやカホンを使った、いかにもな音楽をみんなで踊っているヒッピーたち。
交差点のど真ん中でエレキギターをかき鳴らすロックマン

皆、思い思いの表現活動を楽しんでいます。


もちろん、ビーチにはサーファーが多数。

バイロンベイに来て驚くのは、個性的なシングルフィンやツインフィンを持っている人が多いこと。
どうやらサーフスタイルとしても、ゆったり波との一体化を楽しむ人が多いようです。


観光名所としても有名

バイロンベイは国内外の人間問わず有名な観光地です。

人口が約9000人に対して、観光客は年間約170万に訪れています。

沖縄の石垣島に来る観光客でも年間約110万人。

バイロンベイは、日本屈指の観光島よりも60万人を集客する小さな町なんです。

その見所はこちら。

バイロン灯台

オーストラリア大陸の最東端に位置するバイロンベイ。

そのまさに最東端にあるのが、この灯台とそこから通じる遊歩道です。

この辺りから望む大海原は、まさに絶景の極み。
神秘的なコバルトブルーの海の虜になる観光客が後を絶ちません。

またその岬にそびえ立つ灯台は、ウェディングフォトを撮るスポットとしても有名。
青く広い海、緑の岬に佇む純白の灯台は、とても絵になります。

メインビーチと市街地

バイロンベイの市街地とビーチは隣接しています。

なので、駐車場に車を停めたら買い物やご飯もビーチで遊ぶことも両方同時にできるのです。

コンパクトな街中にはオシャレなお店やカフェがたくさん。
買い物好きでも、3時間もあれば街中を見て回れます。

自分だけのお気に入りショップを探してもいいですね。

ビーチ沿いの芝生でゴロゴロできるので、アイスやコーヒーを買い込んで、さざ波の音を聞きながらのんびり疲れを癒してもいいですね。

このメインビーチでもサーフィンが可能です。
周辺の有名なスポットに行くよりも空いているので、こちらでやる方がオススメです。

マーケットが目白押し

バイロンベイではマーケットが定期的に開催されています。

例えば毎月第1日曜日にはサンデーマーケット。
オリジナルの工芸品やアパレル、雑貨などが販売されており、ケータリングワゴンではオーガニックフードを楽しむこともできます。

ゴールドコースト周辺では随一の規模ではないでしょうか。


毎週木曜日はファーマーズマーケット

農家の人たちから直売で色んな果物、野菜が購入できます。

健康志向の家庭や、レストランの人たちが買い付けに来るほど有名なマーケットです。

この2つのマーケットは市街地のものですが、少し離れたバンガローの方でもマーケットはたくさん開催されています。

車ならすぐなので、ぜひ立ち寄ってみてください。


リピート率高し。中毒性のあるバイロンベイ

バイロンベイ」で検索をかけると、だいたいどのウェブサイトも似た事を言っています。

「お洒落」「ヒッピー」「オーガニック」「ヨガ」「のんびりした街」「灯台」などなど。

それほど、この街にはそういった雰囲気が染み付いているということ。

これらのキーワードにピンと来る方、ぜひ一度は行ってみてください。
絶対に気に入ります。

僕もゆる〜い雰囲気とヒッピーな感じが大好きなのですが、行って納得。
どツボでした。

心まで響いてくる空気感がとても心地よかったです。

皆さんもお気に入りの街に行った時の感じ、わかりますよね?


ゴールドコーストに住んでいた人の中には「バイロンベイに住んでいれば良かった」と後悔をしている人も見かけます。

そして、オーストラリアに行く際は他のところへ立ち寄らずにバイロンベイに直行する人もいるくらいです。

それだけ人を虜にする街、バイロンベイ。

まだ行ったことない人は、必ず行ってみてください。

地図はこちら