わいのっと!?

強迫性障害を持ってから15年、留学やバックパック旅まで出来てるようになりました。

初参加!辻堂と片瀬東浜のビーチクリーンイベント

この週末は2つのビーチクリーンに参加してきました。

今まで個人でゴミ拾いをしていた僕には、新鮮な体験です。

以前はビーチクリーンのイベントは、ゴミを拾うだけかと思ってました。
しかし、実際には各団体で工夫がされていて、イベント毎に目的も異なるので楽しい!

参加した1つ目は、湘南クリーンエイドフォーラム主催の辻堂「調べるビーチクリーン」
ゴミを数えながら拾う、調査目的のボランティア。

2つ目は海さくらの関係者さん達による自主的な片瀬海岸東浜のビーチクリーン。
今回はイベントではなく、スタッフの方が自主的に行うゴミ拾いでした。


※当日の様子は後日追加します

調べるビーチクリーン

このイベントは、ビーチに落ちているゴミを種類別にカウントをするビーチクリーン。

ボトルキャップ、ビニール袋、プラスチックの破片など、全42項目に分けて数を数えていきます。
全国各地でこの調べるゴミ拾いを行うことで、ゴミの発生源や分布、現状を調査することができます。

昨日は発泡スチロールがボロボロになって砂浜に打ち上げられていて、拾った数は約680個!
その他のゴミも合わせて、1時間で約1500個のゴミを回収しました。
凄い数です…
もちろん、このくらいではビーチのゴミは拾いきれず…
もっと人数が必要です。

ゴミの前を素通りしているサーファーが、それぞれ1個ゴミ箱に運ぶだけで随分変わるのになぁ。


主催している湘南クリーンエイドフォーラムさん。
shonan-cleanaid.org
昨日は調査目的のビーチクリーンでしたが、それ以外にも面白そうなビーチクリーンも開催しています。
興味のある方はチェックしてみてください。

「調べる〜」は、想像以上に詳しく分類分けするので作業は大変でしたが、その分気づくことも多いビーチクリーンでした。

海さくらさんのスタッフ向けゴミ拾い

こちらは湘南のビーチクリーン団体の中でも知名度の高い「海さくら」の身内向けのゴミ拾いでした。
どうやら「海の家が撤去されたので、ゴミや釘が落ちているだろう」とスタッフの方がゴミ拾いに集まったようです。

こちらは「45分間、とにかく拾おう」というシンプルなルールです。
10人くらいが、各自自由にビーチを歩き回り、ゴミを拾いまくる。
気持ち良いくらいゴミが集まり、開始前よりも明らかにビーチが綺麗になっていて爽快でした。
初めて参加する人は、海さくらさんの主催するイベントに参加するのが良いんじゃないかなー。

こちらの団体は「日本一楽しいゴミ拾い」を掲げています
umisakura.com

お相撲さんとゴミ拾いをしたり、みんなで青いサンタの格好をしたり。
ワイワイしながら海を綺麗にできる、素敵な環境が整っているのでオススメです。


まずは参加しやすいビーチクリーンに参加

ビーチクリーンを行っている団体の数は多い。
毎週末にどこかでいくつもの団体が、ゴミ拾いをしています。
専門の団体以外だけでなく、アパレルブランドやサーフショップ、ホビー雑誌の主催など、様々な組織のイベントがあります。
参加費無料、登録不要なものもありますし、オリジナルシャツやビールプレゼントなどの嬉しい特典が付いているイベントもあります。

興味がある方は、まずは自分にとって好都合なイベントから参加してみましょう。
「暇だったら飛び込みで参加する」「ビールをタダで飲みたいから、ゴミを拾う」
何でも構いません。

まずは面白半分で参加して、またやりたかったら継続するくらいの感覚で良いと思います。

そしていつか、週末の遊びの中に「ビーチクリーン」が根付いていきますように!