わいのっと!?

海外留学・ワーホリ・サーフィン話と、オープンマインドが繰り広げるちょっと楽しい毎日を綴ります。

2017年8月現在、オーストラリアのワーホリ年齢は引き上げされてません。

ワーホリ年齢引き上げを心待ちにしている皆さん、こんにちは。

同じく引き上げを待っているさとちです。

先日、ゴールドコーストの友人から僕の元にメッセージが届きました。


「ワーホリの年齢制限上がったで〜!!」


来たか!!!ルフィ!!!


もともとオーストラリアのワーホリ申請は30歳まで

オーストラリアのワーホリ申請の年齢制限は30歳まで。
そして入国は31歳までとされていました。

それを超えると申請ができなくなってしまいます。

なので、29歳とか30歳でワーホリに行くことをギリギリのワーホリ=ギリホリなんて呼びます。

最後のチャンスとばかりに仕事を辞めて海外に旅立てってきた人を現地でたくさん見かけました。

僕もギリホリ狙いで、ひとまず先に留学をしたクチです。

そんな中、2016年にオーストラリア政府から嬉しい発表が。

オーストラリア政府が、年齢制限引き上げの仮発表


オーストラリア政府より『2017年からワーキングホリデーの年齢制限を35歳まで引き上げる』との発表がありました。

ワーホリはオーストラリアの貴重な労働人口+税収源ですからね。

こうなると35歳までに申請し、36歳までに入国。

セカンドビザも取って38歳まで海外生活をすることも夢ではありません。

現在30代前半の人にとっても、夢の広がる話ですね〜!!!


さぁ、どういうライフプランを描いてやろうか!!

そんな中、またもやオーストラリア政府から新たな発表が。

ワーホリ年齢引き上げを当面見合わせ

2017年1月、オーストラリア政府はワーキングホリデーの年齢制限引き上げを当面見合わせるとの発表。


これは結構衝撃でした。

何しろ、人生計画が変わりますからね。

年齢制限引き上げを期待して計画を立ててる人たちにとっては、大打撃じゃないでしょうか。

僕の周りでも年齢制限引き上げを期待してお金を貯めている人や、就職をしないつもりだった人がいるので複雑な思いです。

そんなアラサーのワーホリに行きたい人たちは、いつやいつやと年齢制限の引き上げ確定を心待ちにしていました。


そんな中、先輩から届いたメール

そんな時に、先輩から僕のもとに舞い込んできた『引き上げ確定したで』メール。

しかも現地にいる33歳の方からです。
これは信用できるかも!

喜び踊りたい気持ちを抑えながら、詳細を調べました。

が。あれ・・・?

信憑性のあるソースが出てこない。


確定のお知らせを書いているのはどなたかのブログのみで、公式ソースが見当たらない。


友人に公式ソースが見当たらないと伝えると、送られてきたのは僕も見たどなたかのブログのURL。


むむむ!!!

これ、検索すると上位にくるブログです。

なのですごく信頼できそうに見えるので、
友人も鵜呑みにしたんだと思います。

怖いですね、情報化社会。

検索上位だからって鵜呑みにしてはいけないなと、改めて痛感しました。


というわけで、誤情報に惑わされる方がたくさん出ないようにオーストラリア政府の公式ページを確認してきました。

以下、オーストラリア政府の公式ページより抜粋

You might be able to get this visa if you:

are at least 18 but not yet 31 years of age
・do not have a dependent child accompanying you at any time during your stay in Australia
・have a passport from an eligible country.

引用元;https://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/417-


この赤字部分を訳すると、ワーホリビザを取得できるのは18歳以上31歳未満ということです。

はい、政府の公式ページでは31歳未満なので、年齢制限引き上げはまだ確定されていません

もう一度言います。


オーストラリアのワーホリ年齢引き上げは、まだされていません。



早くしてくれないかなー。

僕も来年はニュージーランド。

そして年齢制限が上がるならば、その次はオーストラリアにワーホリ行こうと目論んでいます(前回は学生ビザ)。


同じくワーホリ希望の方々、特にギリホリや30代になってしまっている方、お気をつけください。

慎重に人生計画を立てましょう。