わいのっと!?

海外留学・ワーホリ・サーフィン話と、オープンマインドが繰り広げるちょっと楽しい毎日を綴ります。

<ワーホリ前必見>ゴールドコーストで仕事/家を探すためのウェブサイト2強

ゴールドコーストに滞在する際、どうやって仕事や家を探しますか?」

色んなことが不安だった留学前、僕は誰だかに質問しました。

帰ってきた答えは
『履歴書を持ってお店へ突撃。』
『新聞の空き部屋情報を見て連絡。』


びっくりです。


正直「なんて古典的なんだろう」と思いました。

しかも複数人が同じことを言うのです。


結局、ゴールドコーストを田舎だと舐めきってしまった僕ですが、実際に来てみたら、みんなほぼインターネット。

そりゃそうですよね。

みんな以下の2つのウェブサイトを使っています。

① 日豪プレス:日本人向け生活情報サイトの最大手

② Gum tree(ガムツリー):オーストラリアの生活情報サイト:国籍問わず使用されている


今回はそれぞれの特徴をまとめます。
まだ、これらのウェブサイトを知らない人の役に立てば嬉しいです。


- 日豪プレス

 もともとは1977年にシドニーで発行された日本語新聞が始まりの日豪プレス。
当時は400人程度しかいなかったオーストラリア在住の日本人が対象だった。

その後、観光客や留学生、ワーホリの増加に伴いウェブ版の生活情報サイトをスタートする。
シドニーメルボルンゴールドコーストはもちろん、アリススプリングスやローセンストンなどのマイナーな地域の生活情報まで網羅する日本語情報サイトの最大手。

仕事やシェアハウスの求人、ありとあらゆるニュースやイベント情報が掲載されている。

中古品の売買や、車の売買も日豪プレス経由で行われることが多い。

nichigopress.jp


日豪プレスは、投稿している相手もほとんどが日本人です。
なので、英語力に不安のある方はここを使うのが1番。

僕もシェアハウス探しやバイト探しは日豪プレスでやりました。
やはり、この辺りは日本人相手の方が安心できますね。
言葉がしっかり通じて、「常識の範囲」がある程度通じるので。

結論として、それが良かったと思います。
シェアハウスでは細かいルールの確認や、お金のやり取りについてしっかりと確認できたのでトラブルなしです。

他にも、勉強仲間やヨガイベント、都市を移動するさいの仲間の募集も見かけます。
出張美容師や、車の整備なども探せますよ。

とにかく使い方、目的が多様。
英語でのやり取りが苦手な方は、ここを使うのがオススメ!

Gum tree

2007年からスタートした、オーストラリアの生活情報サイト。

当初はオーストラリア内で引越しをする人、オーストラリアついたばかりの人を対象に、物件、仕事、新しいコミュニティを紹介するローカルサイトだった。
オーストラリアに来る人口が増えるにつれ、ガムツリーも順調に成長。

今では物件探しや中古品売買、仕事の求人情報が多数掲載される。
さまざまなイベント参加者の募集やLanguage exchangeのパートナーの募集も見かける。

英語のウェブサイトなので、オージーはもちろん、ワーホリ中のサウスアメリカンやヨーロピアンなど、各国の外国人が相手になることがほとんど。

www.gumtree.com.au

英語でのやり取りなので少しハードルが高いですが、情報の多さは圧倒的です。
何か広告を載せると、すぐに連絡がきます。
もちろん自分が探している物やコミュニティの発見率も高いです。


中古品売買では出品者があまりに多いので、日豪プレスよりも相場が低め。
さらに、外国人の値切りの圧力は強いので、何かを出品する場合はこちらも強気で臨みましょう。


僕もサーフボードはガムツリーで買ったりします。
自分で判断できる知識があれば、掘り出し物の宝庫ですね。
日豪プレスでは見かけない、マニアックで面白そうなボードをいくつも購入しました。
それでいて日本で中古の板を買う1/3の値段。
面白いですガムツリー。

しかし、英語力や文化の違いがあるので、トラブルが起きることがあります。
高価なものの売買や、バイト探し・シェアハウス探しは注意深く行ってください。

1回だけガムツリー経由でシェアハウスに済んだのですが、退去時に聞いていなかった代金や英単語の誤解で見落としていた代金を請求されました。
その額15000円ほどです。

心配があれば、英語がしっかりできる知人や専門知識のある人に同伴してもらうべきです。


まとめ

現時点で、ゴールドコーストで実際に使えるクラシファイドは、日豪プレスとガムツリーの2つです。
物件、求人、コミュニティーを探す場合は積極的に利用しましょう。

英語でのコミュニーケションやトラブルが心配な方は、日豪プレスを優先的に使いましょう。

情報量の多さを求める場合にはガムツリーを積極的に使ってください。


また、語学学校に通っている方はラウンジなどに張り紙があるのでチェックしてみてください。
仕事情報やシェアハウス情報が頻繁に載っています。
さらに、バイトを探す際は、レジュメを直接ばら撒きに行くのが未だにかなり有効です。アナログですが、みんなやっているんです。

そして、何より信頼がおけてトラブルが少ない情報網があります。

それは「友人の紹介」

口コミネットワークはどんな困難な状況でもチャンスを運んでくれます。
信頼のできる友人からの紹介や情報はやはり信頼がおけます。
融通がきいて後々のトラブルが最も起きにくいので、みなさんもぜひ日本人の友達を大事にしてくださいね。